• HOME
  • 春のトレンドカラー対談

この春着たい服をスタイリスト宮本氏とエディター竹島が対談。
2人の厳選コーデ6選をご紹介。

街へ出るともうすっかり春の商品が立ち並ぶ季節に。カラフルなものや楽しげな柄、ふんわりと軽い素材の服など、爽やかなアイテムが勢ぞろいしていますが、「今年のトレンドを取り入れるには、どんなアイテムを選べばいいのか分からない」と悩んでいる人も多いはず。

そこで、シュープリーム ララを代表して、わたしたちでこの春取り入れるべきトレンドのポイントについて話していきたいと思います。

宮本 今シーズンは、例年よりもパッと明るいカラーの服をよく見かけるので、普段カジュアル寄りな自分にとって、とても新鮮で楽しいですね。メイクアイテムの新作もとてもカラフルな気がします。服もコスメも、今年は特に色の展開が多いので、自分にしっくりくる色を探しやすい気がします。

竹島 わかります。今季すごくカラフルですよね。ノームコア旋風なんて時代もありましたが、また華やかなファッション&メイクのトレンドが来たか...!とハデ好きのわたしは大喜びです(笑)。宮本さんとしては、どんなカラーが気になりますか?

宮本 ラベンダーですね。やさしいパウダリーなものもあれば、少し濃いめのものも出ていますが、ピンクや赤などの主張のある色よりも、落ち着いた雰囲気で取り入れられるので、カラーアイテムに挑戦するならオススメです。

竹島 ラベンダーやブルーなどの寒色系のアイテム、たくさんあって可愛いですよね。

竹島 ララの新作はやさしいラベンダーですね。

宮本 ロマンティックな着こなしができるカラーですよね。ワンピースは裾のフレアが軽やかで、一枚で主役級のアイテムだと思います。

竹島 女性らしくて可愛い! カーディガンはどうですか?

宮本 ボリュームのあるニットカーデなので、今っぽいずるっとしたバランス感でパンツにも合わせやすいですよ。ラベンダーは女性らしいですが、子供っぽい甘さにならないので、合わせる服のカラーや形によっては、通勤時にも使えそうです。

竹島 本当ですね。春らしい明るめのグレーも大人っぽく気になりますね。

宮本 グレーは少しくすんだペールトーンのものを選んで、同じトーンのピンクなどと合わせるのがこなれていて可愛いと思います。

竹島 くすみカラー素敵ですね。

宮本 そうなんですよ。少しくすんだカラーは、大人っぽく着やすい色味ですよね。ボトムには、レースパンツを合わせれば、よりガーリーに着られます。ビスチェとレイヤードしたのもトレンド感を取り入れるポイントです

竹島 わたしはさらにカジュアルな着こなしが好きなので、グリーンが気になりました。

宮本 グリーンも今年たくさん見かけますね。

竹島 日本人の肌になじみやすいカラーなので、こちらもチャレンジしやすいトレンドだと思います。合わせるものによって、雰囲気もいろいろと変えられますし。ララの新作だとこの2つがオススメです。

宮本 こちらも少しくすんだカラーですね。

竹島 やはり「くすみ」はキーワードになりそうですね。そして一見、上級コーデなセットアップですが、カジュアルなグリーンだと気合いを入れすぎずに着られるのでぜひトライしてみてもらいたいです。

宮本 レーススカートもナチュラルなアースカラーで可愛いですね。肌になじみやすく大人っぽいカラーというと、穏やかなイエローもトレンドカラーですね。

竹島 コスメでもイエローのアイシャドウなど、新作でたくさん見かけます! 服なら、デニムなどと合わせたいです。

宮本 イエローとデニムのブルーは、カジュアルにまとまって可愛いですね。

竹島 可愛いですよね! 肩にフリルのついたイエロートップスは、ハイウエストでワイドなデニムと合わせるのがオススメです。

宮本 イエローのバッグでカラーを揃えるのも洒落てますね。

竹島 「トーンをまとめる」っていうのも、トレンドカラーをうまく扱うテクニックですね。ちなみに、カラー以外だとどんなものが気になりますか?

宮本 そうですね。やっぱり今年も花柄が素敵! やさしいタッチの小花柄がオススメです。

竹島 ララには、花柄プリントのアイテムがいつも豊富ですよね。ロマンチックなワンピースもあれば、たしかにカジュアルにも着れたりとチャレンジしやすいボトムもありますね。わたしは、軽やかに揺れるレースのアイテムが気になります。

宮本 やっぱり春はレースですよね。わりと今季はカジュアルな見た目のレースが多いようですね。ガーリーになりすぎず、大人っぽく着られるのがいいですよね。

竹島 大人っぽく着られると、出かけるシチュエーションも増えて嬉しいです。このレースワンピースは、トレンド感満載のゆったりしたアウターと合わせるのがオススメです。ホワイト×カーキは絶妙な女度バランスに仕上げるカラーリングだと思います。

宮本 カーキのアウターでカジュアルダウンしていて、モテそうな着こなし!

竹島 女子同士のウケも良さそうだし、男性からも気軽に一緒にお出かけできる、親近感のあるコーデだと思います。お互いに気になるトレンドポイントを話せて楽しかったです。春の新作は、カラーも柄も素材も華やかで賑やかでしたね。ありがとうございました!

※クレジットのないアイテムは参考商品です

スタイリスト 宮本ゆき

アパレル販売経験後スタイリスト安西こずえ氏のアシスタントを経て独立。ファッション誌『VERY』、『STORY』、その他ブランドのカタログ制作や、テレビ出演するタレント、モデルのスタイリングなどを主に活動している。

エディター 竹島亜莉紗

兵庫県生まれ。主婦と生活社の女性向けファッション雑誌『ar』でエディターとして活動したのち独立。集英社のモードファッションWebマガジン『SPUR.JP』や、主婦の友社の女性向けファッション誌『mina』などで、エディターとしてディレクションを経験するほか、ブランドのカタログ制作や、その他の様々なメディアで幅広く活動している。

@ally_letitbeme
掲載アイテムはこちらからCHECK

アイテム検索